漢方で不妊・不調を改善

不妊で悩むということ・・・
「もう私は妊娠できないんじゃないか」
「そもそも、夫婦関係が…」
不妊で悩むということは、時に、出口のない迷路をさまようようなもの。
漢方サロンりんどうはそんな皆さんのお悩みに寄り添います。

不妊症とは

不妊症とは『妊娠を希望し、きちんと性生活を行っているにもかかわらず、2年以上(WHO(世界保健機関)では1年以上)経過した場合』と定義されています。
「赤ちゃんがほしいけれどいつまでもできない・・・」
そんな時、多くの方が婦人科に通うところから始めるでしょう。
そこでタイミング法、人工授精、体外受精、顕微授精、さらに高度生殖医療へのステップアップを勧められます。
しかし、このような過程は、ご夫婦に精神的、肉体的、金銭的な負担を強いるものです。
漢方サロンりんどうでは、その人に備わる自然治癒力を取り戻すことを最も重要視します。
症状に合わせた漢方薬を選薬し、骨盤の捻れを整え、冷えを治し子宮管理を行うことで、内からも外からも、体を根本から見直していきます。
まずはここから始めませんか?

不妊大国・日本

知っていましたか?日本は“不妊大国”だと。

不妊治療を行う医療機関約600軒
年間体外受精件数24万件は、いずれも世界最多。
不妊治療や検査を受けたことがある夫婦は6組に1組。
年間出生数の40分の1、つまり小学校のクラスに1人は
人工授精・体外受精で生まれてきた子どもがいるという計算になります。

赤ちゃんがほしいと悩むたくさんの方に接してきました。
彼女たちの多くが
「その気になれば、いつでも妊娠できると思っていた」
と嘆いておられました。
また、NHKの調べでは、成人女性の実に75%が
「生理があっている間は妊娠が可能だ」
「40歳を超えても容易に妊娠できる」と考えているというアンケート結果もあります。
しかし実際は、年齢を重ねるにつれ、染色体異常や流産の発生率も上がります。
健康な女性でも、40代を超えての妊娠率は20代の5分の1~6分の1なのです。

最近の女性は見た目が若く、健康的な人が少なくありません。
ですが、卵子は確実に老化します。
このようなことは、学校では教わりませんでした。
女性の社会進出が叫ばれ、仕事と家庭の両立を迫られたのにもかかわらず
妊娠・出産にタイムリミットがあるということは、だれも教えてくれなかったのです。
晩婚化・晩産化が進み、現実的に赤ちゃんを望む年齢が高くなったこと
そして女性の体、特に「卵子の老化」に関する知識の欠如が
不妊大国・日本に大きな影を落としています。
産むことが全てではありません。しかし正しい知識がなければ選択することができません。
正しい知識・自分の体、そしてパートナと向き合い産むのか産まない暮らしを選ぶ
のかが大切だと私たちは考えます。